Kamon Art


データ制作の手順は、手描きの家紋をスキャナーでパソコンに取り込み、Illustratorソフトでトレースしていくという作業です。そこでの私のこだわりは「“アンカーポイント”を極限まで減らすこと」です。

簡単に説明をするとアンカーポイントとは、デザインのアウトラインのカーブや折れなどを作り出すポイントです。このアンカーポイントを置きながら描かれた線を“パス”と呼び、パスで描かれたデータを“ベクトル(またはパス)データと呼びます。

下の画像の赤丸の部分がアンカーポイントです。



↓拡大するとこんな感じ。



↓この家紋のアンカーポイントは、



↓こんな感じになっています。(赤い点の部分です)



このアンカーポイントというのを最適な形で配置することにより、美しい曲線を生み出します。 そして、このアンカーポイントが少なければ少ないほどデータの容量も軽くなります。 現在はベクトル(パス)データを自動で制作するソフトもありますが、人間の頭で判断し、人間の手で作業したものには敵いません。 そんな人間の頭をフル活用し、出来るだけ完成度の高いデータ作りを目指しています。

納品データは主に「AI」「PDF」「JPEG」「GIF」になります。ご希望によりその他のデータ形式にも対応可能です。

【AI】
Adobe社のIllustratorで制作したベクトル(パス)データで、墓石や様々な素材へ加工する際に 業者様へ提出して頂くためのデータです。Illustrator、Photoshop等の専用ソフトが入っていない パソコンでは開くことができませんが、基本となるものですので大事に保管して下さい。
【PDF】
AIを受け付けていない業者様でもほぼこちらで対応可能です。ほとんどのパソコンで開くことができます。 ご自身での印刷物にはこちらのデータを使って頂くと一番きれいです。
【JPEG】
あらゆるパソコン他タブレット、携帯等で表示可能なデータです。印刷にも適します。
【GIF】
JPEG同様全ての端末で表示可能です。余白部分は透過になっているのでホームページなどに 加工して頂くのに最適なデータです。印刷には不向きです。

Kamon Art